×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

付け替え

付け替えも手軽に出来るのは、ホイールセットのスタッドレスタイヤです

スタッドレスタイヤは、付け替えが簡単なホイールセットで購入するのがお得です!

ホイールセットなら、スタッドレスタイヤをホイールから付け替える手間が省けます

付け替え時に起きやすいトラブルも避けられます



スタッドレスタイヤは、積雪や凍結が起こる時季にのみ使い、
気温が高くなってくると夏タイヤに交換します。

中には、スタッドレスタイヤを夏タイヤ代わりに使用される方もいるかと思いますが、
一般的にはスタッドレスを付け替えて、次の冬まで保管されるますよね。


初めてスタッドレスタイヤの購入を考えた場合に討されてる方の中には、

スタッドレスタイヤだけを購入して、今使っているホイールに付け替えようか、

スタッドレスタイヤとホイールセットになった物を購入しようか

悩まされている方もいるんではないのでしょうか?



管理人は、スタッドレスタイヤとホイールのセットを選ぶ事がお勧めです。



スタッドレスタイヤとホイールのセットのメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)

夏タイヤのホイールとの組み換え作業が必要ないです。

スタッドレスタイヤをホイールから組み替える作業がないので、スタッドレスタイヤが傷みないでしょう。

組み換え作業時に発生する、工賃やバランス取りが必要ありません。

あなたの車への付け替えは自分で行えます。


スタッドレスタイヤとホイールセットのデメリット

購入時にホイール代金が掛かるのでコスト(費用ともいいます)が増します。



実際に、スタッドレスタイヤとホイールセットを購入した場合と
スタッドレスタイヤのみを購入してた場合の価格を
管理人の車でシミュレーションしてみます。
スタッドレスタイヤとホイールがセットの場合

スタッドレスタイヤ4本 + アルミホイール4本 = 6五千円

交換工賃  2100円

スタッドレスタイヤの交換は、1年の間で春と冬の二回ですから、
交換工賃は 2100円 × 二回 = 4200円

スタッドレスタイヤを3シーズン使用すれねして、
交換工賃は、 4200円 × 3シーズン = 12600円

スタッドレスタイヤを3年間使用して発生するコスト(費用ともいいます)は、
6五千円 + 12600円 = 77600円

スタッドレスタイヤのみの場合

スタッドレスタイヤ四本 = 44千円

組み換え工賃 1500円 × 4本 = 6000円

スタッドレスタイヤの交換は、1年の間で春と冬の2回ですから、
交換工賃は 6000円 × 2回 = 12000円

スタッドレスタイヤを3シーズン使えねして、
交換工賃は、 12000円 × 3シーズン = 36000円

スタッドレスタイヤのみを購入した場合は、
44000円 + 36000円 = 80000円


最終的な合計を見ると、スタッドレスタイヤとホイールがセットの方が
コスト(いかに抑えるかが重要でしょう)が安くになっています。

使用期間を3シーズンとしていますが、4シーズン、5シーズンと伸びていくと
交換工賃が増えていくので、金額の差はさらに広がります。


スタッドレスタイヤは、ホイールへの組み換えを繰り返すことで、
タイヤにあるビードと呼ばれる箇場所に負担が掛かって、傷めることもあるそうです。
ビードが痛むとスタッドレスタイヤは使えなくなります。 


スタッドレスタイヤとホイールのセットを購入したらきは、
どうしても価格が膨らんでしまい迷ってしまいますが、
スタッドレスタイヤの使用期間を考慮して購入すれね
結果的にオトクなショッピングとされています。


夏タイヤからスタッドレスタイヤの付け替えを
自分でやることが可能な方は、交換工賃も差し引くことが出来て
更に、お得なショッピングでしょう。


冬の便りが聞こえ出したら、自分でスタッドレスタイヤに付け替えれば良いだけです。
そして、春の便りが聞こえたら夏タイヤに付け替えます。


あなたの手で車にふれることで、
車の細かな変化も発見出来る事もあるはずです。
スタッドレスタイヤの付け替えをするときくらいは、
自分の車を注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)深く観察することもいいことだと管理人は思いるかもしれませんね。



楽天市場(買い物をするためには会員登録が必要となります)は、スタッドレスタイヤとホイールがセットになった商品が充実しています。
サイズも、価格も簡単に調べられる「楽天スタッドレスサーチ」はとても便利ですよ