×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スタッドレスタイヤとは

自動車が凍結した道路や積雪路を走行する時、スタッドレスタイヤを使用します。スタッドレスタイヤは通常のタイヤよりも、積雪路などの冬道で駆動力や制動力を大きく路面に伝達さるように開発されたタイヤです。むかしはタイヤにスタッドの付いたスパイクタイヤが使われていましたスパイクタイヤは、1970年代に普及された物ですが、スノータイヤにピンを刺し込み凍結路での走行を楽なものにしました。

しかし、金属製のピンが道路を傷付けたり、雪の多い札幌などでは粉塵で目や鼻の疾病を硬化させたり、気管支に悪い影響を与えました。道路を守り、人の健康を守るためにもと考えられたのがスタッドレスタイヤで、1982年にミシュランより国内販売がスタートされました。

その後新製品がどんどん販売され性能もグングン向上しています。よって一昔前とは全く性能が違う上に価格も抑えられたスタッドレスが登場しています。正直言ってどのブランドのタイヤも良いですから、購入時はパンフレットの微妙な文言に惑わされず価格重視で全く問題ないと思っています。

更に言うなら16インチ車以上は別ですが、タイヤのみの購入ではなく、ホイール込で購入された方がトータルでお得だと感じます、所謂大衆車・小型車の方は検討してみましょう。と言う訳で現在のスタッドレスタイヤの激安一覧<ホイール込>を紹介しておきますのでチェックしてみて下さい。

>>激安タイヤ・ホイールセットの一覧

メーカー

スタッドレスタイヤはアスファルトに雪が多く積もったとき、凍結したアスファルトの上を走るのを目的に作られているんですね。また、胡桃の殻を練り込んで引っ掻き効果を高めグリップを高めるタイプもあります。連年の雪の多さや冬にどのような道を良く走るのかを考え、不安がなく冬でも走行が楽に行なえるようなスタッドレスタイヤを選んでください。

スタッドレスタイヤを販売しているメーカーはいくつかありますが、ブリヂストンから販売されている「ブリザック」と言うスタッドレスタイヤもあるはずです。雪が多く路面凍結が起こりがちな北海道(冬のイメージが強いですが、夏の観光も魅力的です)や東北方面で多く使用されているタイヤです。ブリヂストンからはホロニックというタイヤが販売されています。殻を持った気泡である吸水バルーンと、吸水カーボンを使い氷上での性能を高めたスタッドレスタイヤとなるはずです。

二〇〇五年にはアイスガードブラックというスタッドレスタイヤも販売させています。さまざまな路面状況に対応出来るようにゴムにファイバーを使って、温度対応型を販売させました。

スタッドレスタイヤの溝
スタッドレスは冬用のタイヤ
スタッドレスタイヤのメーカー
付け替え
ダンロップ
ミシュラン
スタッドレスの劣化
ディープな問題

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード