×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スタッドレスタイヤの溝

スタッドレスタイヤは溝がきちんとあっても、長期間使用したり保管状態が悪いとゴムが劣化してしまい走行性が悪くなってしまいます。

スタッドレスタイヤには磨耗したことを知らせてくれるスリップサインと、すべり止め装置の使用限度を示すプラットフォームサインが付いていますので、毎年きちんとチェックするようにしましょう。また、スタッドレスタイヤは溝が新品の状態に比べて半分ほどの深さになると、効果が発揮できないと言われていて冬道で使用するのは危険となってしまいます。

溝が浅くなったスタッドレスタイヤが危険というのはわかりやすいかと思いますが、ゴムが硬くなったり劣化してしまうと吸水性やグリップが悪くなりますので、ゴムの状態もチェックすることが大事となります。ゴムが劣化すると横滑りを起こしたり、濡れた状態では制動距離が伸びてしまうなどの状況が起きてしまいます。